芋かいもちとは

魚津バイ飯おこわ ネット通販にて販売中!

芋かいもちとは

もち米と長芋でつくった源七のいもかいもち

 

昔の人々の心を思い、現代の方々の口に合うように再現しました

~今では忘れ去られようとしている富山の郷土料理の一つ

 

"芋かいもち"とは、今から三百五十年ほど前、今の石川県小松市の今江町より藩の命により、
二十組の若夫婦が開拓に入り、入善町の今江村を作ったとされ、
その当時は貧困なため里芋のくずと米のくずをすりつぶして食べていたと伝えられています。

昭和の初期までは、黒部川扇状地を中心に旧下新川郡の部落のあちこちで慶弔時のもてなしや、
田をこぎっている時のこびる用に農家のお年寄り達が作っていたものです。
現在はほとんど忘れられてしまった郷土料理の一品です。

 

この芋かいもちは、もち米と長芋を一緒に炊き込みそれをつぶし、
すりごま、つぶあん、うぐいすきな粉等をまぶした
ものです。

 

手作業

厚すぎず、薄すぎない。

お餅の食感と富山の米を最大限に
味わっていただけるように、
コンマ何ミリの職人技で
お餅を包み込みます。
「きな粉」「ゴマ」「つぶし餡」
「かぼちゃ餡」と見た目にも美味しく、
食糧難の時代には贅沢すぎて、
決して味わえなかったお餅です。

 

「詰める」まで、手作業です。

昔の人々の心を思い皆様のお口に合う様、
それに近いものを再現してみました。

まぶす手作業

 

「きな粉」「ゴマ」「つぶし餡」「かぼちゃ餡」

 

原材料 餅米・長芋・小豆・えんどう豆・かぼちゃペースト・砂糖・
うぐいすきなこ(青色1号・黄色4号)・黒すりごま・塩

 

お菓子にたとえるとマシュマロみたい

 

芋かいもちのご注文はこちらから

 

一つ一つ手作業で。心をこめて作ります。社長 久保田雅之

 

昔のかいもちの作り方

・米(くず)と里芋(くず)を一緒の蒸し上げ・トントントン・・・コネコネコネ・・・ときねと手でつきこね上げます・もち生地の味付は塩のみ(とろ~んとした、かいもち生地のできあがり)・それを、おばあちゃんは、あずきあんやきなこで包まれました

おばあちゃん

 

源七の芋かいもちの作り方

~昔の人々の心を思い、現代の方々の口に合う様~


作り方1

富山県産餅米7割と長芋3割を一緒に蒸し上げ

作り方1

もち生地の味付は塩のみ(とろ~んとした、
かいもち生地のできあがり)

作り方1

回転のゆるやかな石うすミキサーで
つきこね上げます

作り方1

急速冷凍庫でキュッと冷やします。
(生地においしさのコシを入れるため)

作り方5

作り方5

それを「うぐいすきな粉」「黒すりごま」「つぶしあん」「かぼちゃあん」などで、
見た目も美しく包み込んだのが"源七の芋かいもち"です

 

ふわとろ とろろもち

 

芋かいもちのご注文はこちらから

 

源七へのお問い合わせ・ご注文はこちらから

魚津バイ飯おこわ

源七の想い 社長 窪田雅之

源七へのお問い合わせ・ご注文はこちらから

商品一覧

店頭の商品一覧

魚津バイ飯おこわ
魚津バイ飯おこわ

 

お鏡もち
お鏡もち

 

おこわ
おこわ
赤飯/黒豆/金時/おにぎり

 

初誕生餅
初誕生餅
男女用/配り餅/お汁もち

 

新築(たちまい)
新築(たちまい)
紅白重ね/まきもち

 

ご法要
ご法要
おけそく/みたま

 

芋かいもち
芋かいもち
4種/つぶしあん/かぼちゃ
あん/きなこ/ごま

 

丸もち・おやき
丸もち・おやき
正油焼きつけ餅/よもぎお
やき/よもぎ餅ごま味噌焼き

 

角もち
角もち
まめ餅/よもぎ餅/しろ餅/
ごま餅/こんぶ餅

 

凛々もち
凛々もち

 

ごへいもち
ごへいもち

 

店長の紹介

お餅へのこだわり

お客様の喜びの声

お店紹介

お店写真

お店写真

芋かいもちの「源七」
〒937-0042
富山県魚津市六郎丸4531-1
TEL:0120-22-4857
FAX:0765-23-0530
メールはこちらから

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る